波打ち際の露天風呂をはしご(東伊豆編)

西伊豆の超開放的な海岸沿いの露天風呂を後にしたのはもう日も傾きかけた夕方だった。 冬の夕方はつるべ落とし、、、。 東伊豆の波打ち際の露天風呂「黒根岩露天風呂」で有名な北川温泉の宿に到着した時には日もすっかり暮れていた。 予定では、夕飯前に波打ち際の露天風呂に向かうつもりだったが、宿に到着した安堵感のためか早速一杯やりたくなり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

波打ち際の露天風呂をはしご(西伊豆編)

寒い季節になると恋しくなるのが温泉。 気合を入れて雪深い山の温泉を目指すのもいいが、比較的近く手軽に行けるにもかかわらず、このところすっかりご無沙汰だった伊豆半島の温泉を目指した。 今回は、海岸べりに湧く自然に取り囲まれた露天風呂で、2日で2湯と時間を気にせず、宿泊する宿だけを決めて自由にのんびりと過ごすこととした。 「ア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

のんびりと塩原温泉(その2)

塩原温泉郷の中でも古湯として知られている「塩の湯温泉」を訪れるのは、久しぶりです。 この温泉には、いくつかの歴史ある宿がありますが、いずれも昭和初期の面影を残す宿です。 今回はその中でも数多くの貸切露天風呂があることで知られた「柏屋旅館」さんにお世話になる事とします。 渓谷の傾斜に沿っていくつもの貸切風呂が点在し、それぞれ個性…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

のんびりと塩原温泉(その1)

いろんな事が起こって、なかなか温泉にいけなかった1年でしたが、年の瀬も近づいてきた今頃になってようやく塩原温泉でのんびりとすごす事ができました。 時間を有効利用したいので、朝から温泉めぐりが出来るように夜行出発しました。 平日の夜中という事で、道路もすいていて、予定よりも早く塩原温泉に到着したので、共同浴場「もみじの湯」へと向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都会のナチュリストオアシス

今日はあまりにも暑く、久しぶりに自然と触れ合いたくなり、東京と神奈川の境を流れる多摩川に出掛けてカヌー遊びをしていました。 某所から上流に向かって川を遡って行くと、河川整備により以前よりも川の流れがきつくなり、どうしても遡れない瀬にぶつかった。 流れの弱そうなところを選んで、一気にフルパワーで漕ぐも次第に水深が浅くなり、瀬に入る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

群馬プレミアム宿泊券

7月10日の午前10時から発売される群馬県の「ふるさと旅行券」を購入すべく、コンビニへと向かった。 1枚2500円で購入して5000円分使え、一人10枚まで購入できるという大変お得な券である。 コンビニに到着したのは10時10分前。 店内をウロウロしている買い物客は3人、この時間なら、この客が全て私と同じ目的だとしても、4番目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナチュリスト万歳!

以前、山奥の露天風呂で偶然出会って、温泉に浸かりながら数時間にわたり温泉とナチュリズムについてお話した事があるナチュリストの方が主催する、海水浴に参加してきました。 自然と一体化し、裸の開放感に浸ると言う事では、趣味の野湯遊びと何ら変わりありません。 ところがそれが野湯ではなく、海だとなにかいつもと様子が違うんですよね。 ほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015春 ボルネオの旅

2015年の2月下旬から3月上旬にかけ、常夏の?いや違う、常梅雨の?これまた違う、、、確かに暑く湿気もあるが日本のジメジメしたそれとはどこか違う「暑ジメ爽やか」な赤道直下のボルネオ島にやって来ました。 日本は「名のみの春」南関東でもまだ氷の張る季節であります。 半袖Tシャツの上に長袖Tシャツ、その上には日焼け防止用の長袖ブラウス…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

気になる新聞記事

掲示板と同じタイトルですが、こちらは少々マニアックな「気になる新聞記事」です。 福島県いわき市の川に、東日本大震災の影響で炭鉱跡から湧き出した温泉が流入し、川の水温が上昇して生物の生態系が変化してしまったとの新聞記事です。 茨城が北限だった魚類が福島のこの川で確認されたとか、、、。 あるカテゴリーの温泉マニアなら生態系の変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2115正月(野戦病院の巻)」について

「2115正月(野戦病院の巻)」について 今日はもう、11日なんだけれど、まだ風邪をひき続けています。 つぎつぎと」症状が変わり、今はやたら黄色い鼻水と咳が出ますが、元旦からの高熱に比べれば、、、どうって事ありません。 もちろん、仕事がんばってますよ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2115正月(野戦病院の巻)

正月早々、体調を崩し、元旦の休日診療を訪ねた。 そこはまるで野戦病院。 赤ん坊はその辛さからか泣き喚き、子供から大人までそのぐったりした仕草とドロンとしたまなざし。 長椅子は常に満杯、辛そうな子供達や老人にに席を譲れないのかと思える自分はまだ余裕があるのだろうか。 こんな時だから、いつもの数倍、いやひょっとしたらいつもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北アルプスの麓に涌く野湯2題と役立ったファイル復活ソフト

facebook風に「今どんな気持ち?」って聞かれれば、、、。 そりゃ~、とってもへこんだ気持ち。 以下のようなわけで、、、。 先日、長野県の大町から渓流に涌く野湯、2湯を目指して、北アルプス方向に向かいました。 スコップで掘り、石を積み上げ、疲れも忘れて、それぞれ約1時間掛けて適温の湯船を造りあげ、大自然の中いつものように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍高原「せせらぎの湯」

乗鞍高原温泉を流れる渓流沿いの林間に無料で入浴できる共同浴場がある。 自動車道からほんの十数メートル林に入っただけなのに、秘境の湯の風情が漂う。 木造の湯屋は真ん中で男女に仕切られ、それぞれの浴場に小さな湯船がしつらえてある。 手足を伸ばして入浴するなら一人用、普通に入れば二人用、以前三人で入浴したことも会ったが、そのときは知…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

工場脇の温泉「延徳温泉」

はるかかなたに志賀高原を望む田園地帯の工場内に湧き出す温泉にやってきた。 工場を取り囲むフェンス沿いに源泉槽があり、余った温泉をフェンスの外に設置された浴槽(ポリバス)に垂れ流しているのだ。 このポリバスもフェンスの外とはいえ工場の敷地内なので、利用させていただくときには所有者の許可を得てからにしたいものである。 女性も大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変り種温泉「保玉塩生乙温泉」

「保玉塩生乙温泉」と呼ばれている県道沿いの野湯にやってきた。 存在を知ってから早10年、知れば知るほど野湯慣れした私でも腰が引けてしまう情報があれこれ耳に入る。 「ドブのような臭いのする黒くよどんだ湯船には、でかい蛆虫がわいて、浴槽の中をうようよしている。」 なんて聞いてしまったら、透明度ゼロの真っ黒な浴槽に足を踏み入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014奥飛騨 野湯編

夜半に神奈川を出発して松本の先、梓川沿いに湧く野湯でひとっ風呂浴びて車中泊(仮眠)の予定でした。 しかし、いざ到着してみると、季節柄か以前確認した野湯の源泉はチョボチョボで、湯船となるべく川原は、、、まるでトロロ昆布を投入したお吸い物のような状態!、、、手を浸けてみると、入って入れない事は無いが、どうもこんな夜中に危険を冒してまで入ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無料でタブレットもらっちゃったけれど、、、。

昨日、注文してあったメガネが出来たと連絡があったので、近所のイオンモールに出店する「メガネの●眼」に出向き、ついでに食料品でも買って帰ろうかと1Fの食料品売り場へと向かった。 エスカレーターで食料品売り場のある1Fに降りると、何やら黒山の人だかり、、、。 何じゃ何じゃと人垣を掻きわけ覗いてみると、アンドロイドタブレットを手にした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2週連続の大雪 2月14日

先週の雪かきによる筋肉痛がようやく納まって来た頃、2週続けて週末に大雪となるという予報が発表された。 前日の予報によると、今回は14日(金曜日)の早朝から雪が降り出すものの夕方には雨に変わり、先週ほどの積雪は無いであろうというものだった。 朝目を覚ますと街はうっすらと白いベールで包まれているものの水分を含んでいて、いつみぞれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪 2014年2月8日

前日から「明日は関東でも大雪になりそう」とニュースで流れていて、心の準備は出来たいたつもりだったが、朝目を覚まして、もうびっくり! 夜中に降り始めた雪に覆われ街は真白に姿を変えていていた。 今なお降り続く雪は夜にかけて降り続き、南関東の都市部でも20~30センチの積雪になるらしい。 午前中に雪かきをしたのだが、数時間もすると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節分

つい先日正月だったかと思えば、もう節分、今年もこの季節がやってまいりました。 それにしても年々時の経つのが速くなっていくような、、、。 何かの本で読みましたが、なんでも実年齢と時の過ぎる感覚は比例しているとか、、、。 つまり、年を重ねるに従って年の経過が速く感じられるようになるという事です。 話を節分に戻すと、子供の頃は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more